ピラティス・スタジオ studio emi イメージ

お知らせ

ホーム > お知らせ > お知らせ(詳細)

L.A.からヘザー先生をお招きしてのWS開催です!

みなさん こんにちは!ワークショップのお知らせです。

来る3月26日(土)、27日(日)銀座のstudio-emiにて素晴らしい先生をロサンゼルスからお招きします。

そのクラスは多岐に渡りますので詳細を以下にご紹介します。
ちょっと長いですがピラティストレーナーさんや長年続けている方、さらには初心者だけどもっとピラティスの魅力を知りたい!という方々に興味深い内容ばかりかと思いますので是非ご一読下さい!


【【ダンサーの為のピラティス】】
「ターン」「ターンアウト」「ジャンプ」を基礎から学びたい!
ダンス時の筋肉の機能について、生物力学の観点から学びたい!
ダンサーにとっての、正しい身体の使い方を、深く学びたい!
身体がぶれずに踊れるように、インナーマッスルを強化したい!
ダンサーの生徒さんが多いので、指導法を習得したい!
このワークショップで、ダンサーが最も必要とする「知識」と「エクササイズ」を 学べ、ダンサー向けの60分マットクラスを指導できるようになります。
また、各ダンステクニックを向上させるのに有効なエクササイズを紹介し、 分析していきます。

【【シニアピラティス】】
高齢者を対象にした「専門的指導法」を身に付けたい。
高齢者が「安全に」運動できる方法を真剣に学びたい。
高齢者が「効率よく」体を動かせる方法を学びたい。
超高齢化社会の日本では、シニアピラティスの重要性が年々増してきています。 これを背景として、従来の病院でも、今まで以上にシニアを対象に理学療法を 行う機会が増えてきています。

ピラティスの本場であるアメリカでは、70才代はもちろん、80才代から90才代でも ピラティスクラスを取る生徒さんが多く、シニア向けのピラティスに必要な知識や技術が、 日本とは比較にならない位進んでいます。

そこで、ロサンゼルスでシニアを毎日指導しているヘザーマスターが、 最先端の本場のスキルと知識を伝授します。

ワークショップでは、まず、高齢者にとってエクササイズが重要な理由を紹介し、 エクササイズが高齢者の身体や精神面に及ぼす影響を分析します。
また、高齢者に多い病気と、それらを防ぐためのエクササイズをピラティスが高齢者に有益な理由も説明します。

次に、ピラティスの前に、高齢者がやるべきプリエクササイズと その目的を分析し、シニアに最適のピラティスエクササイズを紹介していきます。

【【ファンクラス~シェイプアップピラティス~】】
「痩せたい」というクライアントさんは、多いと思います。
どんなにスリムな方も、『もっと痩せたい願望』を抱えています。
通常の有酸素運動では、時間のかかるシェイプアップでも、 ピラティスを効果的に融合させることで、更に効率的に 痩せることができます!
ピラティスは、もともとインナーマッスルを鍛え、コア部を安定させるものですが、 インナーマッスルが強化されると、体が動く際、アウターマッスルとインナーマッスルが 効率的に働きあうので、楽に体を動かせるようになります。 同時に新陳代謝も良くなり、体が引き締められ、脂肪が落ちます。

このクラスでは、その効果をもっと効果的に引き出す為に、 マジックサークルを使用したエクササイズを紹介していきます。

本場のマスタートレーナーが紹介する、本場のピラティス。
今までよりも、更に効果的なシェイプアップ法をピラティスで学んで下さい。

【【スポーツコンディショニングのピラティス】】
このワークショップでは、アスリートやその他のスポーツ選手にとって、 特にパフォーマンスに影響を及ぼす重要な身体の部分に焦点を絞って講義が行われます。

ピラティスを使用して、効果的にそれらのコンディショニングを行う方法、 また、怪我を未然に防ぐ方法を学んでいきます。

アスリートやスポーツ選手のクライアントがいる方々には、最適のクラスです。

主な内容はこちらです↓
ピラティスと背骨の深い関係
体幹を鍛えるピラティス
ピラティスで骨盤底筋を強化する方法
腸腰筋を鍛えるピラティストレーニング
肩甲骨をピラティスでコンディショニングする方法

【【腰痛や脊柱疾患を持つクライアントの指導法】】
腰痛持ちの生徒さんも多いと思います。
脊柱疾患をテイクケアする方法を学びませんか?
生徒さんの姿勢診断をして、矯正できるようになったらもう1ステップ上の指導ができるようになります。

ピラティスでは、それが可能です。

「人間の若さは、見かけではなく、背骨の柔軟性により決まる」 とピラティス氏が著書で記したのは、有名な話です。つまり、ピラティスを通して、 背骨の柔軟性を増加させ、姿勢が良くなれば、疾患も軽くすることが可能で、 背骨の健康度は高まるのです。

ワークショップでは、健康な背骨を作り出す為に ピラティスが有益なことを証明し、解剖学的に背骨を分析していきます。 また、背骨をサポートする「パワーハウス」という4つの小筋肉を紹介し、 背骨の状態や姿勢の良しあしを評価できるようになります。

具体的には、以下の「疾患」がカバーされ、これらの疾患を持つ クライアントに、ピラティスを指導する適切な方法を学べると同時に、 避けるべきエクササイズも学べます。

脊柱前湾症
脊柱後湾症
脊柱側弯症
スウェイバック
脊椎分離症
脊椎すべり症
腰椎椎間板ヘルニア
坐骨神経痛
狭窄症
骨粗しょう症
SIジョイント疾患
また、左右アンバランスな背骨をもつクライアントを見抜くことができるようになります。 ワークショップでは、パートナーとペアを組んで、その練習を行い、講師にその場で不明点を質問できます。

腰痛をなくす「10のピラティスエクササイズ」も習得できます。 30分のエクササイズメニューを習得することにより、実践的な指導法が身に付きます。


既に多くの方にお申し込みいただいておりますのでお問い合わせ等是非お早めに!

これだけの充実したプログラムを教えてくださるのはロスに2つスタジオをお持ちのヘザー先生です。


時間帯やお申し込み方法等の詳細はこちらでご確認下さい。
http://pilatesamerica.net/WS032616.html


もちろん、studio-emi専用Facebook

https://www.facebook.com/studioemi.ginza

からお申し込みもできます!


弊スタジオのメール
user@studio-emi.jp
までメッセージいただくことも大歓迎です!